魂の声がYESと言うほうへ

仕事のできるオトコたちと箱根視察

昨年からプロジェクトに関わっている箱根・強羅の施設に、仕事のできるオトコ達をご案内してきました(^^)

右からカメラマンの宮崎さん、WEB制作会社の寺田さん、ウェディングプランナーの瀬戸口さん、とカルロスさん(注:日本人ですw)

2月に来て以来だったのですが、だいぶ完成してる感じになって来てます!

この日は雨だったので、ちょっと薄暗い感じでしたがそれもまたカッコいい感じに。

一段下がった小部屋。と言っても壁があるわけでは無いので(梁から続く柱が仕切り)圧迫感はないです

入口(右奥の扉)からつづく廊下との境目も壁ではなく柱です

オープンキッチンになっているので、ここで実際に料理を作ったらシェフの姿も見えてカッコいいでしょうね(^^)

こちらは一番下の階にあるメイクルーム。一番奥にトイレもちゃんとあります。実は設計の段階ではここにトイレが無くて、慌てて「トイレ作ってください!じゃないと花嫁さんの支度ができません!!」とお願いして、急きょ作ってもらったのです(笑)

このタイルもスペインで手描きで作ってもらったそうです。

照明もオーナーがこだわって選んだものだそうです

洗面台も可愛い(^^)

両端のモザイクタイルもさりげなく。

キッチンの中でピザ釜について熱く語るオーナーとそれを聞いてるオトコたち(笑)

今回はこの会場をいろいろと展開させていくにあたってどう進めていったらいいか、いろんな方の力を借りようと宮崎さんと私でそれぞれお声をかけてきてもらいました。プロフェッショナルたちの目から見て、どうしたらいいか。オーナーの想いを形にするために何が一番いいのか。そんなことをいろいろ話しました。

今後どんなふうになっていくかが楽しみです(^^)

和美人お仕立師Suzuyo

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP