魂の声がYESと言うほうへ

産土神社??大森貴舩神社へ行ってみたら…

産土神(うぶすながみ)と言うのをご存知ですか?産まれる前から付いていてくれる守護神のようなもので、あなたがお母さんのおなかの中に宿った時から、あなたを守ってくれる神様のことなのです。

スピリチュアル系の方が産土神を調べてくれるメニューとかもあるのですが、なかなかタイミングが合わずまだ調べてもらってないんですよね~(^^;)でも、この間なんとなく「あ。私の産土神はどこなんだろ??」と思って結婚当初に両親が住んでいた大田区の大森周辺をグーグルマップで開いて、近隣の神社を探してみたんです。

それで、片っ端からその神社の名前をペンデュラムで聞いてみたら…【大森貴舩神社】だけがYESに揺れる…。「大森に貴舩神社ってあるんだ…」と言うのが最初の印象。

そして昨年9月に行った京都の貴船神社が思い浮かびました。昨年の8月にちょっと大きなトラブルに遭遇し、心身共に疲れている状況で行った日帰りの京都旅行。龍好きな私としては貴船神社はずーっと行ってみたかったのでとっても良かったんですが、もし本当に大森貴舩神社が私の産土神社だったのであれば、すごいご縁だな~って。

そして、そう思ったらもう行きたくて仕方なくて。スケジュール帳とにらめっこして、竹芝の打合せに行く前に時間がある日を狙って行ってきました。

京急の大森町駅からあるいて向かうと、町内会の掲示板みたいなところに「貴舩神社祭礼」とポスターが!!たまたま空いてる日に来たのに。たまたまスケジュールの都合で朝から来たのに。この2日間がお祭りって何?!

グーグルマップを見ながら神社にたどりつくと…

鳥肌立ちました。いきなり神輿に歓迎されて。しかも左を見ると…

お囃子まで聞こえてきました…。神社って、参拝した時に祝詞が聞こえたり、太鼓が鳴ったりすると神様に歓迎されてるって言われてるんですよね。

そして右に目線を向けて、鳥居を覗いてみると…

どど~ん!

この「貴舩神社」の文字を見た瞬間、なんだか泣けて来たんです。「おかえり」って言われたような気がして。

こんなに賑やかなお祭りの境内なのに。それ見てひとりで泣いてる私。…変なヤツです(笑)

ゆっくりと境内を進むと、太鼓があったり、

たぶん、昔は川が流れてたんでしょうね。小さな太鼓橋がそれを物語ってます。今は暗渠(あんきょ=川に蓋をして塞いでしまう事)なんだなあ…。龍神様、封印されちゃったのかな…

ふりかえると手水舎が。

ああ…やっぱりここにも三つ巴が。

何年か前に勾玉セラピストの千葉由紀子さんのセラピーをイベントで受けたときに「すずよさん…なんだか勾玉が3つ並んでるのが見えます…。三つ巴みたいな…」って言われたんですよね。だからこの三つ巴の社紋を見たときにものすごく納得しました(笑)

拝殿に参拝した時に「やっと来れました」とご挨拶したら、さああ~~~っと風が吹くんです。←これも歓迎のサイン♪

境内の左側にまわると…

熊野神社があり…(ああ…だから軽井沢の熊野皇大神社に何度も行くご縁をいただいたんだなあ…って思いました)

貴舩稲荷があり…(昨年大きな稲荷神社に参拝する機会が立て続けにあったのも、これか??)

ひと通り神社の境内を見て周り、来た道とは違う参道を通ってみたらもう一つの出口に出ました。

まさか大森に貴舩神社があるなんて知らなかったなぁ〜。なんか懐かしくて暖かくて不思議な感覚でした。

そしてまた境内に戻り、元来た参道を通って社務所で御朱印をいただきます。この日はお祭りなので書き置きの物しか無いようですが、いただけるだけで嬉しい(^^)

また来ます。

和美人お仕立て師 Suzuyo

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP