D-Cafe取材in町田

仕事

昨年、豊橋の福祉村(さわらび会)の取材の仕事でお世話になった出版社の方から久しぶりにご連絡をいただき、町田のスターバックスまで出張してきました。

バス停を降りると目の前にテラスのある素敵なスタバがすぐに見えます。

町田にあるスターバックスの店内で行なっている「D-Cafe」という認知症カフェについて取材をするそうです。

スターバックス町田店の店長さんが中心になって行なっているらしく、いろんな人がフラッと集まって認知症についてのお話ができるような場を提供しているとの事。

公民館など改まった場所でやると、逆に参加しづらい方もいたりするそうです。認知症になり始めの人は特にそういう扱いをされるのを嫌がったりする事もあるようで…

たしかにココだったら「ちょっとコーヒー飲みに行こうよ」と言って家族を連れ出し、認知症についての集まりに触れる事もしやすいですよね。

ひと通り参加メンバーさんの写真を撮ったら、今度は外でその会をまとめている方や店長さんのインタビュー。

認知症のケアを取りまとめている女性はボランティアでしているそうで、その想いに感動します。

たしかに認知症の家族ってなかなか辛い思いをしてるけど表に吐き出せなかったり、周りから理解が得にくかったりすると、どんどんメンタルやられますからね(>人<;)

あれはホント経験した人じゃないと分からない苦労がたくさんあるんですよ!認知症の本人ってなぜか一番面倒を見てる人のことを疑ったりけなしたりする事があって。

一番辛い想いしてお世話してる家族が報われない事が多いんです。そして「家族だから」という言葉に縛られて、「何があっても世話をしなきゃいけない」という想いに縛られてる人もたくさんいます。

そんな辛さを吐き出せるところがあるのっていいですよね。

こういうところがたくさん増えるといいなぁ…(^◇^;)

和美人お仕立て師 Suzuyo

コメント