魂の声がYESと言うほうへ

平成最後の【昭和の日】

4/29はもともと昭和天皇のお誕生日でしたが、平成と共に「昭和の日」と認定されました。そして明日は平成最後の日。そんなタイミングで後醍醐天皇の身代わりとなった藤原師賢(ふじわらのもろかた)公を祀る《小御門神社》の春季例祭の撮影をしてきました。

昨年5月に神主さんの結婚式の前撮りと、6月の挙式当日のお支度と、7月の新婦姪御さんの前撮りで、何度もお伺いした神社です。3ヶ月連続で日本髪を結い上げ白無垢のお支度をさせてもらえて私も嬉しかったのを覚えてます(^^)

その後に神社のホームページのアドバイスをする事になって、掲載用の写真加工や文章の添削など少しお手伝いさせてもらってます。(私が自分のHP4つを有料テンプレートを使って全部自作しているため)

そんな兼ね合いで、昨年末の大晦日の「大祓式(おおはらえしき)も撮影させてもらったので、今回の春季例祭もちょうど仕事が入ってなかったので撮影しにきました。

こちらは他に系列のない小さな神社なのですが、境内にある森がとても素敵で、写真映えするだけでなく、穏やかに包まれるような静かなエネルギーなので、とても癒されるんです。

雨が降るかもしれないとか、曇りの予報もなんのその!青空くっきりのいいお天気でした!なんでもこちらの宮司様は、例祭の時に雨が降ったことがないとか!それもすごーい(^^)

たくさんの式典参列の方がいらしててビックリしました。地域の関係者の皆様のようです。私的には「小帝区」という文字に1人で感動してました。小御門=小帝なんですよね。

御神木の近くに鎮座する、子ども神輿。

上の鳳凰があまりにもカッコよくて、思わずアップで撮影(笑)龍とか鳳凰が大好きすぎてつい目がいきます(^^)

うちの近くの高速に乗ってすぐに渋滞してしまったので、幕張で降りて千葉北まで下道を網羅して時間短縮したのですが、神社の到着が式典10分前になってしまったので、キチンとご挨拶できないまま撮影になってしまいました。なので、こちらの御神木にコッソリご挨拶♡

祝詞奏上が終わった後は、神楽や仕舞、演舞など地域の様々な保存会のみなさんの催し物が披露されます

御神木を下から見上げてみる。この新緑の時期の黄緑色の葉っぱと真っ暗な幹のコントラストが大好き♡

足元を見ると幹の間にキノコが。

モコモコ生えるキノコは可愛いですね〜(^^)

終わりぎわにおみくじを引いてみました。

袋の中に入ってる時は、1枚の桜の花びらですが、開いていくと5枚の花弁が出てきてそれぞれに言葉が書いてあります。そして桜のモチーフも一緒に。5色あるみたいで何色が当たるのかはお楽しみ。そんなさくらみくじは200円でした。

最後は子ども神輿と子ども相撲でワイワイしながらお開き。あらかた写真を撮り終わったので、最後までは残らず一足先に失礼してきました。地域のみなさんが集まって、二世代三世代の家族で神社の例祭を参加するのって良いですね(^^)

例祭の日は近くの小学校が解放されて臨時の駐車場になってるようです。それだけ車がたくさん集まるってことですね。

最後に昨年お支度させてもらった花嫁さん(神主さんの奥様)にご挨拶させていただきましたが、今年は例年より参加者が多かったようです。平成最後だからかな??

皆さんも小御門神社、ぜひ行ってみてくださいね(^^)

和美人お仕立て師Suzuyo

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP