魂の声がYESと言うほうへ

今更だけどお味噌を仕込んでみました♡

本当は2月の寒い時期に仕込む【寒仕込み】のほうがゆっくり熟成するので、旨味が増すというのですが…。

それは重々分かってたんだけどね…(^^;)Facebook友達も2〜3月に仕込んでる記事を何人もアップしてたよ…。でもさ…色々とバタバタしてて出来なかったんだもん…。3月も卒業式シーズンで仕事が忙しかったんだもん…( ; ; )

だから今更だけど、お味噌仕込んでみたの。

ちょっと思ってたより少なかったです(^◇^;)

昨年はこのホーローの鍋の半分くらい埋まったような気がする…。500gの大豆と500gの麹に200gのお塩。あとはお豆の煮汁を200ccで混ぜてこんなもんなのか〜…。出来上がり2kgって書いてあったけど、もうちょっと欲しいかなぁ…?来年は大豆1kg+麹1kgでやってみるかな?

大豆と麹を買ってきたのは結構前だった気がするが…(^◇^;)作るまで時間がかりましたわ(笑)

まずは一晩大豆を水に浸ける。

袋を開けた時は大豆はシワシワなんだけど、一晩2倍の水でふやかすとふっくら。ピン!!と大豆の表面のシワが伸びててツヤツヤ♡

私も一晩2倍のお水に浸かったらシワが伸びてツヤツヤのお肌になるかしら?(笑)

そして、3〜4時間かけて煮るので、夜ご飯を作り終わった後にガスコンロでずーっと煮てました。ただ待ってるのもなんなので隣で明日の娘のお弁当用にコロッケ作ってましたけどね〜(≧∇≦)

コロッケが緑なのは小松菜パウダーを混ぜたから。西船橋の《ひらの農園》オリジナルの小松菜パウダーは、香りも色も小松菜そのもの。

綺麗な緑色でしょ〜〜?(^^)

先日パウダー用の小松菜の刈り取りのお手伝いをしたのでボランティアのお礼でパウダーいただいたのです。

生の小松菜もたくさん取らせてもらったので、我が家はずーっと小松菜メニューが付きません(笑)

話を元に戻して…っと。

煮えた大豆はこんな感じ。

沸騰してきたらアクで泡だらけになったので、おたまで泡をすくってると大豆の皮もわんさか取れる(笑)弱火でコトコト煮込んでるとだんだんお水が減ってくるのでその都度お水を足して。ちょうど3時間くらい煮込んだかな〜?

大豆を潰すのが大変と聞いてたんですが、Facebook友達の呂久呂の野口由布子さんがジップロックに入れて踏むと楽と書いてたので、やってみたら本当に楽だった!あっという間に潰れる〜♡(呂久呂は千葉銀座にあるカフェで食パン1斤を使ったかカレージャンボトーストが大人気で、テレビやメディアによく出てます)

ただし、袋は大きめのにしないと破けます(笑)IKEAの袋じゃダメだった…。端っこからブニュッて出てきましたわ(^◇^;)

で、塩と麹を混ぜたもの(塩切り麹)と潰した大豆を混ぜてホーローの鍋に叩きつけて、空気を抜きながらグーパンチしていきます。これストレス解消に良いかもね(≧∇≦)

こんな感じで袋にやり方が書いてあるので、その通りに作っただけです。果たして無事に美味しいお味噌になってくれるかどうか…(笑)秋のお楽しみ♡

塩麹の作り方も書いてあったので、今度作ってみようかな〜?

料理が好きなわけじゃないし、マクロビとかガッツリ意識してるわけじゃないんだけど、やっぱり市販のものを見ると裏の成分表示が添加物だらけで(^◇^;)

それを子供たちに食べさせるのが嫌だな〜と思うのと、昨年作ったお味噌を娘が「このお味噌、美味しい!」といってお味噌汁をお代わりするんですよね。やっぱり味が分かるのかしらね?そうなると市販のお味噌は買えなくて( ̄▽ ̄;)

忙しい時は冷凍食品とか市販のお弁当とか、時々カップラーメンとかマックとか食べちゃうし、添加物を一切排除なんてことはやってないけど、やっぱり自分の手で作るものの方が安心して食べられるっていうのはあるかな?

なので出来る限り(本当はめちゃくちゃ面倒くさいけど(笑))手作りできるものは手作りしようかなあ〜と思ってます。

和美人お仕立て師Suzuyo

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP