魂の声がYESと言うほうへ

むーらんリーディング

6〜7年前に千葉でainowaというカフェを運営してたむーらん。その頃からタロットリーディングをしてたのは知ってたけど、いつのまにかさらに能力が開花して、今や彼女のメッセージを聞きくために遠くからも人が来るようになってました。

むーらんは6年前に結婚式をプロデュース&ヘアメイクをご依頼いただいたり、昨年もお子ちゃまの七五三のお支度依頼をいただいたりとお客様でもあり友人でもあり、ご縁がとぎれない人の1人です。

2人目のベビちゃんが可愛くてずっと抱っこしたままリーディングメッセージを聞いちゃいました♡

録音してるiPhoneにこの子のアブアブ言ってる声が入ってて、聴きなおすたびに癒される〜〜(≧∇≦)やっぱり赤ちゃん可愛いわぁ〜〜

赤ちゃん見ると抱っこしたくなる私(笑)自分の子どもがもう12歳と10歳なので、このくらいの手の中に収まる感じが懐かしい〜♡

むーらんが降ろしてくれたメッセージを録音したものを書き起こしたんだけど…忘れないようにブログに記載しておきます(笑)

  • 頭で考えてるだけの枠に囚われると自分がやりたいと思ってるエネルギーを使いきれない。思考を外せ。
  • もともとすごく大きなスケール感を持ってるのに頭で考える→自分のエネルギーを閉じ込める。
  • 広がりを持つもの、知らない世界を自分の中に取り込む許可を出せ。怖いかもしれないけど安心してそこに行け
  • 一人親方→何か組織のようなもの作る。しっかりと世の中が認知しやすい形にする。自分だけの力ではなく自分がすべてやることはできない。組織を作ると決める明確に。決められたら仲間が集ってくる。明確に決める。
  • 唯一無二であるけれども普遍的なもの。業界全体の底上げを担うようなもの。そこをやらないといつまでも自分の本当の欲求がなかなか満たされる所に行けない。
  • 今までの事もここに向かうためのプロセスだった。
  • 自分の力を出しきれてない。もっともっと100%だして。6割程度しか出してないね。まだ我慢してるね。業界の壁?物が言えない空気感?取っ払っていけ
  • 自分オリジナルというわけでもない。斬新さ=オリジナル。自分自身の感性を100%発揮=私オリジナル=唯一無二であるけれど、斬新ではあるけれど奇をてらったものではない。伝統というか普遍的なもの。でも壊す。
  • 一切我慢するな。協会?業界?ある程度の立場に君臨する。そこを目指す。意図することが大事。
  • 今まで培ってきた技術、深いところの技術の習得、発展。手に入れていく。来月特にそこを意識する
  • 悲しんだりセンチメンタル→あと2~3ヶ月で終わり。それまでは行ったり来たりでいい。それが必要な体験。楽しい体験でもある。振り切って勢いをつけて進む。夏前には終わり、この体験をもとにより自分が膨らんでいってやっと材料が揃っているような感覚。それを忘れるくらいに昇華させてエネルギーを放出させていく事をイメージ。
  • その活動が本格的に飛躍していくのが秋の秋分の日以降になる。それまではコツコツ自分の培ってきたことを続けていく。そこから新しい出会いのたねにもつながる。それを感じながらして過ごす半年間。日々の暮らしも穏やかに展開していく。
  • 自分の今後関わってくる組織的な事に意識を向けていく海外というより国内。国内である程度のポジションを確立させること。自分が外国に行くというより、海外から私に会いにくるという感じ。海外はあくまでバケーション、解放、気分転換。
  • あくまで日本。日本にすごく縁が深い。日本の何か封印されてるエネルギーを放出させていかないと行けない。
  • それは特別な事をするというより仕事の延長。日本人が忘れているもの、大和的なこと。でも遊び心がある。本当の日本の魂を呼び起こすための仕事というかライフワーク。
  • スピリチュアルを取り込むというより、それはもう真理そのもの。自分が分かち合いたいもの中に宇宙の真理が詰まってる。世間一般で言われるスピリチュアルではなく「これをしたら軸が整うなんて当たり前だよね」当たり前としてスピリチュアル的な真理が組み込まれているものを私が出して行く。
  • 「真理を伝えること」を明確にする事が大事。ただ書き方を間違えると浮ついたスピリチュアル的な言葉になるから注意
  • 丹田に響くものを伝える。みんなが忘れかけた奥底のふたを開ける。
  • 体感で目覚めさせる人。知識を語るわけではない「ほらね。でしょ?」自分からは何も言わない「気づいちゃった?だよね」っていうのを提供し続ける。
  • 業界を変える。業界全体に響き渡るような新しいもの。美容と伝統が上手く組み合わさっているような分野。そこに対して凝り固まっている分野に風穴を通す「もう今21世紀なんだよ」っていうところをやっていって欲しい。
  • 重鎮がこれから引退していなくなって行く→伝統として残る派閥ともう1つ、今もう21世紀の、それには封印された真実を取り入れて行くことが大切。
  • ただ着物を着るだけじゃない。自分の美しさに意識を向けることで何が起きるか?奥行きを分かち合うような事を提供するのにスピリチュアルを使って行く。
  • まったく今までにない新しいもの。新しいんだけどなんか知ってる。奇抜じゃない
  • あるものに真理の力を加えて行く。「真実」である」ということだけが重要。「本当の」ということを私が扱う。
  • 自分も体感派。とにかく体感で実践して行く、見せて行く。体感。感性。受け取るセンス。
  • もっともっと自分を信頼してないといけない。どっかで疑ってる。もっともっと全開で行け。来たものはすぐ受け取る。すべてOK。YES。YESだけしか言わなくていい。
  • それが潜在的にすごく今まで深くあった部分。今この時点で重要なのも今までの「自分を信じきれていないという自分」を捨てる。その一点のみ
  • 信じればいいんだよ。おしまい!!
  • そしたら勝手に広がるし、勝手に誰かが見つけてくれるし、勝手に引き上げられるし「ああこういうことね」と答え合わせのように楽しんでいればいい。
  • 教える+魂を響き合わせる。教えるのは技術だけじゃなくて、魂の本質的なものを分かち合う。ただのスクールではない。本気で学びたい人。真理を知りたい人向け。対面なら価格帯を上げる。それだけ覚悟のある人。
  • この半年~1年の間に自分が技術として分かち合いたいことが明確になるのでその時にオープンしてもいい。
  • 真理。動作を通して真理を伝える。神事的な事。神さまの仕事なんだよと言うことを分かち合えるプログラムに書き換える。
  • 動画は動画でいい。でも会うことにすごく意義がある。自分がベラベラ喋らなくていい。背中で伝える。勝手に感じて帰って行く。本物ってこう言う事なんだよ。背中で語る。
  • 秋分の日が1つのゲート。それまでに受け取る感性だけ準備しておく。考えるな。感じて降りてくる「あ、これね。こう言うことね」
  • 自分が神がかっている時間を大事にして。どう言う時にゾーン状態なのか。降りてくる感覚を分かち合う
  • そういう自分がお支度したお客様とか、その自分の状態であること、それが光を放つ一助になっていく。そう言う人をたくさん増やしていく。
  • もともとその仕事はそう言う役割、光を放つための。なによりも自分が透明であって、それを降ろして美しさと言う神性を表現して表す。神様の仕事を明確に捉えた上でそれを分かち合うと言うフェーズに入って来てください。

時間にして15〜20分くらいなんだけど、ものすごい勢いでダーっとしゃべるむーらん。そしてまたその言葉が的確すぎて笑いが出るくらい(⌒o⌒; )

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP