魂の声がYESと言うほうへ

念願の長野戸隠神社①〜宝光社〜

一昨年くらいから、やたらと目につくようになった【戸隠神社】。Facebookで誰かが行って来た!という投稿を目にする機会も増え「戸隠行きたいな〜〜」と思ってみても、「でも〜…遠いよな〜〜…軽井沢よりもさらに先だもんな〜〜」と諦めてました。

ところが前回の三峯神社に行った時に、薬師神さんとなぜか「次は戸隠に行かない??」と話が盛り上がり(笑)アッサリと行くことになりました(≧∇≦)もともと薬さんとはその前から戸隠の話はしてたのだけれども。

これもタイミングなのよね。

流石に5社回るので朝から行ったんじゃ間に合わないと思い、夜中0時に薬師神さん家まで迎えに行き、そのまま夜のドライブで戸隠に向かう事にしました。

薬さんと出かけると何がいいかって、車中泊でも文句言わないところ(笑)むしろ「全然平気ですよ!」と笑顔で返してくれる。なので多少の強行スケジュールでも行けちゃうのがイイ!!(笑)

外環→関越→上信越と進み、軽井沢をサクッと通り過ぎ、途中のパーキングでちょっと仮眠して、信濃インターで高速を降りてからはひたすら山道を進みます。

そしたらね、奥社の方に先に着いちゃいました。高速の方から来ると反対なんだね〜。でもやっぱりせっかくだから下から上がってきたいので、そのまま奥社を通過して今度は山道を下り、中社→火之御子社→宝光社と逆に辿って降りて来た時点で7:30くらい。

駐車場に車を停めて境内へ進みます。

もう…なんか入口からして【荘厳】という言葉がぴったりな雰囲気。

入口のこの【戸隠神社】と書いた石碑の横を通ると「ビリビリする!」と2人してテンションUP(笑)

この階段が長いのなんの…( ̄▽ ̄;)

途中で【女坂(おんなざか)】と書いてある看板とともに、なだらかなスロープというか坂道が出てきたので、迷わずそっちをセレクト(笑)坂のてっぺんはお社のすぐ横に繋がってます。

上から見下ろすとこんな急な階段なんですね〜(^◇^;)

朝早いので、他に人もいず、静か雰囲気です。

早朝の神社は空気がピーンと澄んでてキリッとした感じがするので大好きなのです!!

でもきっとここの空気がキリッとするのは早朝だからという事だけじゃ無い気がするなぁ…。なんかここの空気というか神さまというか、土地のエネルギーなんだろうなぁ…

そして…早朝参拝の難点は、御朱印をいただけないこと(^^;;)朝が早いと社務所も空いてないので(だいたい8:00からとか8:30からとかじゃないと人が来ません(笑))そこが悩みどころ。

社務所に「2番目の火之御子社は宮司さんが不在のため、御朱印は3番目の中社でもらうか、宝光社でもらうかのどちらかです」的な事が書いてあったので、だったらここで時間潰すより、火之御子社に先に行ってから戻って来た方がいいよね??

って事で階段を降りて行こうとしたら…

なんと!階段の途中に何かいる!!「なんだ??」と思ってよ〜〜〜〜く見たら…

大きなガマガエル!!

(注)下に写真が出ます。苦手な方は飛ばしてください(^◇^;)

でもね〜〜。全然動かないの。じ〜〜っと空を見つめてる様な感じ。

よ〜〜く見たら綺麗なお顔してるな〜〜???ってこちらもじ〜〜と見つめてしまいました(笑)

しばらくしたら、のっそりのっそり動いて森の中へと消えていきました(^^)なんか主っぽい!!(笑)

そんなカエルさんを見送った後、ふと横にお社発見!!

さらに途中にも拝殿地??なんか小さな祠がたくさんあるところがありました。

2人して「なんかここ凄いゾワゾワくるね〜」と言いながら入って行きました。

ちなみに写真に写り込んでる青い光はiPhoneのカメラの光反射なので、特に霊的なものではございません(^^;)

そのあとは階段を降りて車に戻り、次の火之御子社へ向かいます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP